岡山県トレイルランニング協会

OTRAトラッシュポーチ 受注販売

環境保全委員会からのお知らせです。

岡山県トレイルランニング協会オリジナルのトラッシュポーチを受注販売致します※販売は終了しました。多数の申し込みありがとうございました。

トラッシュポーチとは?
簡単に言うと…ゴミ入れです。
OTRAでは『一登一拾』と言うスローガンを掲げて活動をしています。 

では『一登一拾』とは?
山に入ったらゴミを一つは拾おう! です。
ゴミを拾い山をキレイに!

そして拾ったゴミを気軽にしまえるポーチ
それがトラッシュポーチです。

一際目立つ、レッドxレッド
前回で好評でしたのでこのカラー限定の受注となります。

サイズ 縦15センチ 横9センチ程度となります。
取り付け方法は裏のマジックテープ、またはナスカンにて引っ掛けられます。

会員価格  1620円(税、送料込)
非会員価格 1720円(税、送料込)
となります。 

今回、ご用意できる数が32個となっております。
先着順となっております。
注文フォームに登録出来ていましても売り切れの際はお断りさせて頂く事をご了承下さい。

※注文、支払い期限は9月30日(木)19時とさせていただきます。
支払いが確認できない場合は注文を無効にさせていただきます。

トレイルランニング安全マナーガイド

もともと、このガイドは四国スポーツ環境リレーションさんが配付している
「トレイルランニングマナーガイドブック」を全国の山で使えるように、
日本トレイルランナーズ協会さんが、少し言葉を整えたものです。

 コンビニなどでA3サイズ・両面カラーコピーしてください、
8つ折りにすると携帯しやすくなります。
A4サイズでもOKですが、A3サイズをお勧めいたします。

 みなさんの仲間、トレイルランナーだけでなくハイカー、山登りの人たちにもお勧めください。

熊鈴をつけましょう!

県北はもちろんですが、吉備中央町や和気町、赤磐市、備前市の山でも熊が目撃されています。
朝夕の薄暗い時間帯は、クマの採食活動が盛んです。
また、全国で襲われる事例を見るとソロの場合が多いです。
充分に注意して下さい。

熊鈴をつけましょう!
熊は基本的には、人間を避ける習性があります。音を鳴らして存在をアピールしましょう。
一定の効果はあるとされていますが過信は禁物です。周囲の音や気配を感じ取りましょう。

もしも熊に出会ったら
●悲鳴は熊を興奮させてしまいます。ぐっと我慢しましょう。
●熊は本能的に背を向けて走って逃げる物を追いかけます。走らないで熊の方を向きながら視線をそらさず、ゆっくりと後ずさりしてその場を離れましょう。

中国の大会(トレイルラン)で事故

 もうご存知の方も多いと思いますが、昨日、中国の大会(トレイルラン)で事故がありました。

新華社電の概要ですが
「甘粛省白銀市景泰県で開催された2021年(第4回)イエローリバーストーンフォレストマウンテンマラソン100kmクロスカントリーレースが22日、イエローリバーストーンフォレスト景勝地で開催され、1万人近くが参加し、健康的な走りを披露しました。 
そのうち172人が100kmのクロスカントリーレースに参加しました。
極端な天候で21人が死亡しました」というものです。

 この大会には、UTMF2019で二位に入り、岡山県内のランナーにも人気のリャン・ジンさんも参加していて、彼も亡くなったということです。
詳しくは、下記リンクをお読みください。

 集団登山事故を除けば、史上最悪のスポーツ事故ではないかと思います。
天候の急変は、近年の気象情報でほとんど予測可能なはずで、主催者の安全管理に問題はあったのでしょうが、ランナー自身も「自分の身は自分で守る」というアウトドアの鉄則を忘れないようにしなければいけません。
 天候予測と装備のチェックは山の基本です。
危険を感じたなら、引き返す勇気を持たなければいけない。これも鉄則です。
また、山の事故で最も危険とされるのは集団心理による事故です。

 大会だから安全だろう、というのは間違いです。
みんな進んでるから、大丈夫だろう、も間違いです。
集団で進んでいるとき、人はストップがかけにくくなります。
「いいのかなぁ、大丈夫なのかなぁ?」と思ったら、口に出して言いましょう。
そう言う時、誰もがその言葉を待っているはずなのです。
立ち止まって慎重になりましょう。

 一つ間違うと、危険回避のタイミングを失うことになります。
今回の中国のケース、だれか見識あるアドバイザーがいれば、大会側に危険予知を告げ、中止などの警告をすることができたかもしれないと思います。
大会を運営する側としても、安全と大会続行の客観的な判断基準をいつも考えておく必要があります。

 何より、楽しむべきスポーツで命を失うようなことがあってはいけないのです。
亡くなった20人以上の人には、それぞれ家庭があり、妻や夫や父・母・子供などの家族があったのです。会社やコミュニティにも大きな悲しみがあるはずです。
それを考えると、主催者も参加者も慎重過ぎるくらい慎重でなければいけないのです。

 もし何かあった場合、誰にも責任は取れません、あなたの代わりは誰にもできないのですから。
楽しい時、うまくいってるとき、どこかで危険の声に耳を傾けてください。

 最後に、亡くなられたランナーとご家族の方々に心からお悔やみを申し上げます。

岡山県トレイルランニング協会
会長 村松達也
https://dogsorcaravan.com/2021/05/23/21-runners-dead-in-yellow-river-stone-forest-in-gansu/?fbclid=IwAR0R-XdJcLpcsohocl5j7mbjf1rZc2iQc8ICCk1sZhF8cQlxaZAJd-HKouw

2021年岡山県トレイルランニング協会会員募集中

協会年会員になると、OTRA主催のイベント等の会員優遇制度があります。
また会員専用ホームページにて、各種情報を発信する予定です。
(協会会員としての有効期間は、2021年1月~2021年12月末までとなります。)
2021年は、コロナの影響で会員の皆様へのサービスがほとんどできていません。
本年度は特別に2021年の会員の方は有効期限を2022年12月末まで延長致します。

 現在、ホームページの2021年会員限定のページで下記動画を配信しています。
・石川弘樹氏トークライブ (2020.5.23)
・講演「心拍トレーニングについて」 佐藤光子さん
・講演「ジョン・ミューア・トレイル」 村上宣寛さん
・講演「トルデジアン2019報告会」 丹羽薫さん

↓↓↓お申し込みはこちらから


丹羽薫トレイルミーティングin和気・旧閑谷学校

2020.7.18~19

 ウルトラトレイルランナーで岡山県出身の丹羽薫選手を迎えて、2020年6月に行われた滋賀県の県境を1周するFKTチャレンジの報告会や、旧閑谷学校周辺の自然溢れるコースを使ったトレランセミナーなど2日間のイベントが開催されました。

 当日の写真を会員限定で公開しています。
会員専用ページ⇒会員専用フォトギャラリーで閲覧できます。
ご確認ください。

石川弘樹氏オンライントークショーの模様を公開中

 1 トークライブ前半(インタビュアー:村松会長)
 2 質問コーナー(松尾さん)
 3 質問コーナー(前田さん)
 4 質問コーナー(秋山さん)
 5 質問コーナー(田中さん)
 6 質問コーナー(岩佐さん)
 7 質問コーナー(柚木さん)
 8 質問コーナー(越宗さん)
 9 質問コーナー(福原さん)
10 質問コーナー(沖本さん)
11 質問コーナー(岡本さん)
12 質問コーナー(田中さん)
13 質問コーナー(岡部さん)
14 質問コーナー(青木さん)
15 質問コーナー(藤井さん)
16 質問コーナー(堀米さん)

講演 抜粋 ~田中正人さんからのメッセージ~

今、大変なのは世界中の全ての人たちです。
我々だけではありませんよね。
だから皆んなで頑張って行きたいです。
ちょっと気になることとしては「同調圧力」と言われるものでしょうか。
安易に世間の雰囲気に同調するのではなく、何が大切で自分は何をしなければならないのか自分で考えて判断し行動することだと感じます。
この危機的な状況からも学べる体験がたくさんできる筈です。
他者を安易に批判するのではなく、前向きに連帯感を持って取り組めるように願っています。
      2020/4/8 田中正人さんより

立花義章理事からのコラム

◆立花義章◆
 岡山県トレイルランニング協会理事
 日本アンチ・ドーピング機構公認スポーツファーマシスト
 全国スポーツファーマシスト連携協議会会長
 岡山県薬剤師会アンチ・ドーピング特別委員会委員長
 いんべ薬局勤務
目標にしていた大会も次から次へ中止、延期…。

 頑張るモチベーションがなかなか見つかりませんが、コロナ収束に向けて体力、走力の維持に加えて大切な身体についての提言です。 

薬剤師でスボーツファーマシストとしてプロアスリートを指導、アンチ・ドーピング特別委員としても活躍されている立花理事によるコラムです。

 ~~~~~~~~~~~~~ 
「薬やサプリメントについて」 第1回 その薬の飲み方、間違ってませんか?…

続きはこちら

タイトルとURLをコピーしました